【残業200時間】ブラック企業経験者が転職を勧める理由

スポンサーリンク

私は、以前、
ブラック企業で勤務をしていました。

過労死のラインは残業月80時間といわれています。

それよりもはるかに多い、
残業月200時間以上していました

その当時、

体はいつもだるかったのですが
常にスイッチが入ったような状態で
仕事の事ばかり頭から離れずまったく眠れない。
体や心が休まるような状態がまったくありませんでした。

終電はいつものように逃し、
もし、終電で帰れれば超奇跡
と思うほど、会社にいました。

 

残業200時間はどんな会社か?

私は高卒後、
なんとなく試験を受けてうかった
とある企業で勤務していました。

その企業は、親や友人が、

いい職場に入ったね。
めっちゃ羨ましいな!

というほど、この地域ではとても有名な企業の
本社で勤務していました。

私は、入社前、

仕事も頑張って、恋愛もして、
たくさん旅行したり趣味も充実させて
プライベートも充実させる!

と、意気込んでいましたが、

実際は、全く違いました。

残業ばかりでプライベートは全く楽しめず、
プライベートなんてないような職場でした。

 

 

当時の業務内容は、

・お問い合わせのメール対応
・営業さんのスケジュール調整
・在庫管理
・給料計算、勤怠管理
・膨大な量の資料作成、校正

でした。

その他にも、イレギュラーな業務が
飛び込んできて、
部署は常にパニック状態でした。

メールはたくさん来まくり
返しても返しても減らない。
メールを優先していると
他の仕事がおろそかになり、
どんどん溜まっていく・・・

定時は、8時半~17時までの会社でしたが、
5人でやっていても
残業は月80時間。
最終的に、
私ともう1人の2人で回すことになり、

ついに、

残業は月200時間を突破しました。

しかし、残業200時間になってからも
私は1年間、働き続けました。

 

 

残業200時間の1日のスケジュールは?

残業200時間の頃は、

 

朝6時
出社
(会社に泊まった日は起きたらすぐ仕事)
席を立つこと、トイレに行くことすらできず、
メールチェックに追われながら、
膨大な量の資料を作成、校正に追われる。

午後1時
やっとトイレに行ける
オフィス内にあるコンビニに行ける。
ひたすら、勤怠管理、給与計算。
営業さんからの電話対応、スケジュール調整

午前2時
会社に泊まるかどうか決める。

 

こんな1日を毎日過ごしていました。

会社に泊まらない場合、
終電はとっくのとうに過ぎていたので
タクシーで帰宅し、
また数時間後出勤していました。

会社に泊まる場合、
社内のシャワー室でシャワーを浴びて、
明け方まで仕事をして、仮眠室で少し休んで、
また、仕事をしていました。

 

「土日祝日休み」の会社でしたが、
休日出勤は当たり前で、
たまに取れた休みも、
呼び出されたり、
職場からの電話やメールに対応しなければならず
まったく、休みではありませんでした。

しかし私は、

「頑張ったら、いつかは報われる」
「有名な会社に入ったんだ。
 退職するわけにはいかない。」

と思い、

全く終わりのみえない仕事を、
文句も言わずに、
真面目に取り組んでいました。

 

 

残業200時間で体に感じた異変

残業200時間もしていると

 

・いつもだるい
・目がおかしくなり、目の充血が収まらない
・ろれつが回らず、言葉が出てこない、言い間違いが多発
・動悸、息がしにくいなどの精神的な症状に襲われる
・胃痛、頭痛、吐き気など常にどこか体調不良
・地震?と思うくらいの激しいめまいに襲われる
・味を感じられず、何を食べてもおいしいと思えない

などの体に異変を感じていました。

朝が来るとまた働かなければならない。
朝が来るのが怖く、
貴重な数時間の睡眠時間も、
熟睡できなかったり、
全く眠れないこともありました。

しかし、

「みんな辛いんだ。みんな頑張っている。」

と、エナジー系ドリンクを飲んだり、
市販薬を飲んで、
なんとか耐えていました。

 

 

残業200時間で感じた心の異変

残業200時間もしていると
体だけではなく、

心もおかしくなっていきました。

・憂鬱な気持ちが続く
・イライラして、すぐカっとなる。
・仕事が頭から離れず、楽しめる事が減った
・ふと、消えたくなる。
・いつも漠然と不安で、恐怖心に襲われる。

などの症状があり、

精神的にもギリギリな状態で働いていました。

オフィスでは、
上司の罵声が時々、聞こえ、
周りの人たちの目はいつも死んでいました。

社内では、定時の17時を過ぎたら、
イヤホンで音楽を聴きながら仕事をしても良い。
ということになっていたので、
音楽を聴きながら、仕事をして
なんとか精神を保っていました。

 

 

急に消える社員が続出

残業200時間をしていると、
ありえないことが起きます。

勝手に消える社員が続出しました。

隣のデスクで働いていて、
会議の打ち合わせなどをしていたしていた同僚が、
数時間の仮眠の間に消えて、もう来なくなる。
自宅に帰った後、無断欠勤をし、もう来なくなる。

最初の頃は、驚いたり、
上司が連絡を取ったり、家まで行っていましたが、
あまりにもこんな事がありすぎて、
もう何も感じず、

「またいなくなったんだ」

と思うだけで、
私も、人のことを考える余裕なんてなくなり、
誰も何も気にせず、通常通り仕事していました。

 

 

時間の感覚がなくなる

残業200時間もしていると、
時間という感覚がなくなります。

早く仕事を終わらせよう。

という考えがなくなります。
そもそも、どうせ残業なので、
早く終わらせようと努力しても、
膨大な量の仕事は全く終わりませんでした。

 

 

会議の日時がメールで回ってくるのですが、
午後1時に、

「今日の11時から会議です。」

という内容のメールが来ることもありました。
しかし、私も含めて、

「今日の夜11時から会議なんだ。」

と、何も感じず解釈していました。

 

 

残業200時間の会社から退職へ

残業200時間の生活を
1年ほどしていたある日。
退職を決意した出来事がありました。

ある日、友人から連絡が来ました。

一緒に遊ばない?

という連絡でした。

いつもなら、

「仕事だし休みも取れないから行けない」

と断るのですが、

この時は違いました。

連絡がきたその瞬間、

自分はなんのために働いているのか?
本当は辛いのに頑張り続ける意味って・・?

という事に気づきました。

親や友人から
「いいところ入ったね」といわれるような有名企業でも

こんなブラック企業もう耐えられない
プライベートまで犠牲にして働く意味なんてない

自分は、すぐ上司に退職を伝え、
退職をし、転職をしました。

 

 

転職した職場はホワイト企業

転職した職場は、ホワイト企業でした。
最初は、ブラック企業で働いていた頃では
考えられないことが多くあり驚きました。

「また明日やればいいから帰っていいよ」

と、終わらない量の仕事を振られることもなく、
毎日、定時に帰っています。

・体調が悪い時に休める。
・残業はなし
・上司が定時に終わる仕事を割り振ってくれる
・付き合いの飲み会や、無駄な会議がない

以前いたブラック企業とは違い、
今では、心身ともに体調は良くなり、
現在では、仕事も楽しく、
趣味やプライベートも充実しています。

 

 

働く意味って?

今、この記事を読んでいるあなたは、
仕事に悩みを抱えているのではないでしょうか?

ブラック企業で働いていたり、
残業が多かったり、
仕事での人間関係がさっぱりうまくいかない。

毎日残業で疲弊しきって、毎日怒鳴られて、
辛い思いをしてまで
あなたが働く意味ってなんでしょうか?

働く意味は、生きるためでしょうか?

私の考える働く意味は、

「幸せで豊かな人生にするため」

と思っています。

 

ブラック企業で働いていた当時の自分は、
安定のために働いていました。
高卒だし、次の就職先がないかもしれない。
と、常に思っていました。

プライベートもないほど休めないのに
体も心もボロボロのまま働き続けていました。

正社員になれただけでも幸せ

と思い、働いていました。

でも、

こんな辛い思いをしてまでここで働く意味はあるのか?

と、気づいたんですよね。

 

仕事でスキルを高めて
得たスキルで困っている人に教えてあげたり。
自分が働いて得たお金で、
旅行に行ったり、
誰かにプレゼントをしたり。
誰かが喜んでいるところをみると
自分も幸せな気持ちになりますよね。

人は、働くことを通して、
自分だけではなく、
誰かを喜ばせたり幸せにしているんです。

仕事を通して、
スキルや人間性を高めていって
自分が幸せで豊かな人生を送るため
働くと思います。

今のあなたは、この職場で働いて
幸せで豊かな人生を送れますか?

かつての私のように
残業ばかりでプライベートを楽しむ時間がない。
身も心もボロボロで辛いのに我慢をしてまで
ここで働く意味はありますか?

 

ブラック企業は危険。今すぐ退職すべき

残業が多すぎる、休みは取れない、毎日怒鳴られる・・・

こんなブラック企業にいては、
あなたはいつか、壊れます。

あなたが
この職場で働く意味ってなんですか?
なぜ、辛いのにこの職場で働き続けるのでしょうか?

みんな辛いし頑張っているから自分だけ辞めるわけにはいかない。

と思っていませんか?

以前の自分もそうでした。

 

しかし、
自分の本当の気持ちにしっかり耳を傾けて
素直になってみてください。

 

私が今、あなたに伝えたいのは、

「ブラック企業は危険!今すぐ退職すべき」

ということです。

心身を壊して、働けなくなってからでは
転職する気も起きなくなり無気力になってしまいます。

そうなる前に、

一刻も早く退職をして逃げてほしい。

と、私は思っています。

 

私は退職後、求人を探す際に、
ウズキャリという転職エージェントを利用しました。

ウズキャリは、キャリアカウンセラーが全員、
元既卒、元第二新卒なので、
親身になって転職をサポートしてくれます。

私は、初めての転職でしたので、
転職活動の進め方もわからなかったのですが、
キャリアカウンセラーさんが、
私の希望を聞いてくれたり、
わからない点を聞くと素早く答えてくれて
非常に助かりました。

 

また、ウズキャリは、厳しい判定基準があり、
ブラック企業を除外しています。
離職率、社会保険の有無、労働時間、雇用形態の他、
この転職エージェントから転職した人の評価により
ブラック企業かどうかを判定しているので、

ブラック企業から転職をしたのに

「またブラック企業に入社してしまった・・・」

ということがなく安心して利用できます。

 

心身ともに疲弊しきって動く気力もなくなってからでは
病院に通って治療もしなければならなくなります。
そうすると、転職するまでに時間がかかり
余計に気力や体力をつかうことになります。

職場や働き方には不満があるけどまだ転職する気がない。
と考えている方も

転職サイトは無料で登録できるので登録だけしておいた方がいいです。
求人情報を時々でもいいから見た方がいいと思います。

仕事ばかりでプライベートも充実できないような
働き方から早く抜け出せるように、

ブラック企業を経験した私からのアドバイスです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です